現実的なwebエンジニアのキャリアパス

webエンジニアのキャリアパスとして想定できるものは、フリーのエンジニアとして好きな仕事に没頭するか、職場で経験を積みキャリアアップをはかる方法が挙げられる。webエンジニアとして独立したい場合はフリーになり得意分野の仕事のみに従事する事が可能だが、やはり卓越した技術力と幅広いコネクションが築けていない技術者では収入や仕事を得る等の面で苦戦する事が想像できる。その為、webエンジニアのキャリアパスとしては職場で昇進して管理職的なポジションに就くことが一般的なのだ。

webのエンジニアが管理職として働く場合、チームのまとめ役となりシステムを設計する事になる。そして、リーダーとして適切な能力を持つスタッフに仕事を振り分ける事も必要だ。その為、スタッフの技術力や経験値を把握しておく事もこのポジションに求められる能力である。プロジェクト全般を円滑にすすめていく為にはスタッフのモチベーションを高め、優れた品質に仕上げる事が必要だ。これはシステムを納品した後に稼動具合に問題が出てしまうとクライアントとの信頼関係が崩れてしまう事がある為だ。それ故に、システムの要件定義や運用など幅広い技術面の知識が必要とされ、ニーズに沿った製品を納入する責任があるのだ。

また、新規で新たなウェブを立ち上げる際にはクライアントと複数回のミーティングを重ねることになるが、ウェブの基本知識のないクライアントにも接するケースが多々見受けられる。その為、未経験者にもわかりやすく且つ的確にウェブのシステムの概要を説明しなければならない為、優れた対話スキルも要求されるのだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です