3 9月

独立したい技術者の将来性にも関わる準備

独立したいために職場を離れる際には、マナーを守る必要があり、将来性のあるビジネスマンは仕事をこなす能力だけでなく、職場でのマナーも心得ている。IT業界ではキャリアアップなどのを目的として転職するエンジニアは少なくない。web開発会社のなかでも、独立してフリーランスになったりあるいは自ら会社を立ち上げるwebエンジニアもいる。しかしまず会社を離れる際には、職場で守らなければならないマナーがある。

まず退職前には事前に余裕を持って、職場を離れる意志を上司に伝えることを要する。技術スタッフがチームから抜けると開発計画に遅れが生じる可能性も考えられる。新しいwebエンジニアの人材を確保するには時間が掛かるため、ある程度退職の期限までには猶予があった方が迷惑を掛けない。また開発を担当しているプロジェクトがあるなら、仕事が一段落ついてから退職するといった配慮も必要になる。独立したいからといって自己中心的に行動するエンジニアは他人から信頼が得られないため、人材としての将来性に疑問が残る。

独立して自身で責任を持って仕事をしなければならない立場になれば、なおさら仕事上のマナーは重要性が増す。たとえ独立したいという焦りの気持ちはあっても、計画を立て着実に準備を済ませた方が独立後の仕事も上手くいく。穏便にweb開発会社から独立できれば、後の仕事でも良好な関係を元の職場とは維持できるためビジネスチャンスがある。