起業したいけど適性があるか

webエンジニアの中でも、独立したいと考えている人は少なくないが、自分には適性があるかどうか疑問に思う人もいるだろう。エンジニアについて全般的に言えることだが、大企業で勤務するにしろフリーランスを始めるにしろ、問題を解決する能力は必要不可欠である。特に、独立すれば会社の後ろ盾がなくなるため、会社員の時とは違う様々な課題に直面する。その度に課題を自己解決する能力が尚更重要な要素となる。また、コミュニケーション能力に長けているwebエンジニアは、独立する際にも有利だ。コミュニケーション能力は、会社で働く上でも、フリーランスとして働く際も必要だ。独立したいと考える場合は、営業活動も自分自身の力で進めなければならない。そのため、クライアントと適切な意思疎通や交渉ができるコミュニケーションスキルは、請け負う仕事量にも直結してくる。仕事量に関して言えば、人脈作りに努力を惜しまない人は成功するチャンスが高くなる。

というのは、人と繋がることによって、新たな仕事が得られる可能性がアップするからだ。自分と直接関わりある人脈だけでなく、知り合いを介した間接的なネットワークを広げることで、将来的な仕事に結びつくことも考えられる。さらに、エンジニアを対象とした勉強会に参加するなど、常にアンテナを張っておく積極性も大切だ。同業者との間に繋がりができれば、知り合いのエンジニアからプロジェクトへの参加を打診される可能性もある。
思わぬ展開で大きな業務が得られる確率が上がるため、人との繋がりを大切にする姿勢を持つことが大切であり、それが独立後の安定した仕事量へと繋がる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です